about

ビューロー・エクスポートとは?
フランス音楽輸出振興事務所(ビューロー・エクスポート)は、仏音楽産業関係団体と仏政府機関の支援のもとに設立。2001年設立の東京支部をはじめとする世界の6箇所の拠点で、主に仏音楽産業の輸出支援を行っています。

ではビューロー・エクスポートの業務内容は?
ビューロー・エクスポートは音楽産業関係者向けに情報提供やカウンセリングを行うほか、フランスで制作された音楽に関する情報発信を行っています。また弊所は数々のプロジェクト(コンピレーション制作、ツアー、ショウケース、フェスティバルや展示会でのフランス発アーティストのステージなど)を提案し実施に結びつけるよう働きかけています。さらにフランスと国外の音楽産業各社が行うツアーに対して、助成や支援を行っています。

どんなアーティストがビューロー・エクスポートに?
ビューロー・エクスポートは加盟会社が制作したアーティストを紹介しており、輸出を行う仏国内の音楽産業各社の90%近くが弊所に加盟しています。アーティストの国籍は全く関係ありません。弊所が手がける“フランスで制作された音楽=フランス発の音楽”のアーティストとして、カリフォルニアのアーティストCake、カナダのFeist、アメリカのCindy Lauper、北アフリカ・トゥアレグ族のTinariwen、スウェーデンのPeter von Poehlなどがあります。

ご意見、ご質問など、弊所にお問い合わせをお考えですか?どうぞお気軽にお申し付け下さい!皆さまからのお問い合わせをお待ちしております

コメントは受け付けていません。